(豆知識メニュー)クレジットカード支払いの時代に突入

今クレジットカードの申し込みを考えているのでしたら、まず最初に自分の生活スタイルを振り返ってみましょう。
車を頻繁に利用する人はガソリンカード、エンタメ重視ならエンタメカードなど人それぞれ持つべきクレジットカードは異なるのです。 米国ではクレジットカードが出てきた当初、小切手と併用して使われていました。
それが進歩した形で完成されたシステムがクレジットカードというわけです。

 

日本国内で広くクレジットカードが普及してきたのは、今からおおよそ50年前程度となっています。
しかし現在におきましても依然現金決済が主なものとなっており、まだまだクレジットカードの時代はこれからということです。クレジットカードが初めて誕生した時期というのが、100年前でありアメリカとなります。
日本ではまだクレジットカードの概念がなかった当時アメリカでは一般的に利用されてきました。



(豆知識メニュー)クレジットカード支払いの時代に突入ブログ:29-1-2019

大人と息子とでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
息子にとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
息子が食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

息子の食べる事においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

息子が摂取する穀物の多さこそ、
息子の脳の発達を促すことになるのだ。

ママとしては、
息子の栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
ママが大量におかずを作ってしまうと、
息子は穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカな息子が育ってしまうのである。

息子には日本の伝統的な食べる事で充分。
ライスに味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢な食べる事を出していては、
息子はバカになるだけ…

息子というのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけからだも脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人は息子みたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
息子はそうはいかないのである。