このメニューではクレジットカードの歴史についてお届けしています。

(豆知識メニュー)クレジットカード支払いの時代に突入


(豆知識メニュー)クレジットカード支払いの時代に突入
今クレジットカードの申し込みを考えているのでしたら、まず最初に自分の生活スタイルを振り返ってみましょう。
車を頻繁に利用する人はガソリンカード、エンタメ重視ならエンタメカードなど人それぞれ持つべきクレジットカードは異なるのです。 米国ではクレジットカードが出てきた当初、小切手と併用して使われていました。
それが進歩した形で完成されたシステムがクレジットカードというわけです。

日本国内で広くクレジットカードが普及してきたのは、今からおおよそ50年前程度となっています。
しかし現在におきましても依然現金決済が主なものとなっており、まだまだクレジットカードの時代はこれからということです。クレジットカードが初めて誕生した時期というのが、100年前でありアメリカとなります。
日本ではまだクレジットカードの概念がなかった当時アメリカでは一般的に利用されてきました。



(豆知識メニュー)クレジットカード支払いの時代に突入ブログ:18-9-2018

最初の離乳食は「赤い果物」から始まる。

あたくしたち人間の本当の主食は果物なのであり、
その中でも赤い食べ物は
一番小さい子供でも見つけることができる果物だからである。

なので
最初の離乳食にはリンゴを用いるべきであり、
そのリンゴを押し潰して、与えれば問題ない。

その離乳食が上手くいったら、次は薄いお粥を作り、
簡単な野菜料理などを出していけば良い。

薄いお粥に慣れてきたら、薄いお粥を段々濃くして行き、
通常のお粥にしていけばいいのだ。

離乳食はそれ専用で作るのではなく、
あくまでも父とお母さんの食事に
関連する食材を使って作ることが大事。

こうすれば、
乳児も自分は父母と同じ物を食べている感覚になり、
離乳食が進むようになる。

離乳食は最初の1ヶ月は1日1食にして
離乳食以外の栄養は、母乳で補うことも大切。

正確に言うと、母乳をメインにしながら、
離乳食を足して行くという方法を取るべきなのである。

1ヶ月後には1日2食にし、
離乳食をメインにするようにしていくのが望ましい。

離乳食の期間は個人差があるが、
長くても6ヶ月間ぐらいなので、
乳児の食べ具合やからだの調子を見ながら、
焦らずに行うことだ。

離乳食に関しては、
ベビーフードを買うことはやめておいた方が良い。

ベビーフードは
乳児が美味しいと感じるように作られているので、
乳児は喜んで食べてくれるが…

ベビーフードには食品添加物が入っているので、
乳児にとっては非常に危険!

しかもベビーフードを買えば、
それだけ出費がかさむことになるので、
予想外の出費になってしまう。

離乳食は
あくまでも父とお母さんが食べている残り物で充分なのであり、
お金をかけるべきではないのだ。

(豆知識メニュー)クレジットカード支払いの時代に突入

(豆知識メニュー)クレジットカード支払いの時代に突入

★メニュー

(豆知識メニュー)キャッシングは提携ATMでいつでも簡単
(豆知識メニュー)お得なポイントを貯める為に便利なクレジットカード
(豆知識メニュー)海外旅行行くならアメックスを持っていこう
(豆知識メニュー)最も多く利用されているのがリボ払い
(豆知識メニュー)様々な海外旅行保険が付帯されているから安心
(豆知識メニュー)買い物などの支払いを後払いに出来る便利なカード
(豆知識メニュー)クレジットカード支払いの時代に突入
(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
(豆知識メニュー)余裕があるなら一括払いを選択
(豆知識メニュー)悪質なカード犯罪には要注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)ポイントで賢くお得♪クレジットカード情報