このメニューではクレジットカードの国際ブランドについてお届けしています。

(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド


(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
21世紀になってから日本でもクレジットカードの利用者が激増しており、もはや当たり前の存在となりました。
特にインターネットで買い物をする人には欠かせないカードであり、持っているだけで生活が豊かになることでしょう。 様々なっ国際ブランドがあり、ダイナースを始めとするアメックスやMasterCard、またVISA、JCBなどがあります。
これらは日本のみならず世界中で利用できるために、国際ブランドと呼ばれるようになりました。

1980年になると日本国内でクレジットカードが普及し、次第に国際化が始まってきました。
そしてそれらクレジットカード全てが国際ブランドと提携して発行されてきているのです。多くのクレジットカード発行会社が提携をしている、クレジットカードの統括組織のことを別名で国際ブランドと呼んでいます。
今では5大ブランドとして、世界的に広まっています。



(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランドブログ:19-3-2019

早く痩せたいからといって、
極端な食べる事制限をして減量する人がいます。
確かに、食べなければ痩せることは簡単です。

しかし、
食べないことを続けていくことができますか?
極端な食べる事制限による減量には、
大きな落とし穴が待っているだけですよ!

おれたちの肉体には
素晴らしい本能があります。

肉体の中が飢餓状態になると、
代謝を落として入ってきた栄養の多くを
なるべく備蓄に回すように働きます。

このような動きをしだすと、
おれたちの本能はこの作業をやめません。
以前と同じ量の食べる事を食べても、蓄積される量が多くなり、
太りやすくなっていきます。

減量前より
確実に太りやすい肉体ができてしまいます。

食べない減量を続ければ、
最終的には
減量前より太るということなのです。

減量中でも
体が欲しがっている食べ物は、食べることが必要です。
本当に食べたいと思うものは、
我慢しないで食べた方が精神的にもよいということです。

しかし、
目が食べたがっている物や習慣的に食べている物は、
食べないような習慣を作っていくことが大切です。

連日の食生活を急に変えることはできませんが、
意識して少しずつ変化させていけば
意外と簡単にできるようになりますよ。

それと、絶対に食べないということもよくありません。

友人などと外食するときは、
食べ過ぎ、飲み過ぎになってしまいます。
それはそれでいいと思います。

意識的に一日を通して摂取カロリーを考えていれば、
外食したときに多くなっても調整できます。

減量中でも、
自分が食べたいなと思ったら、我慢しないで、
少しずつ、より美味しく食べるようにしましょう。

(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

★メニュー

(豆知識メニュー)キャッシングは提携ATMでいつでも簡単
(豆知識メニュー)お得なポイントを貯める為に便利なクレジットカード
(豆知識メニュー)海外旅行行くならアメックスを持っていこう
(豆知識メニュー)最も多く利用されているのがリボ払い
(豆知識メニュー)様々な海外旅行保険が付帯されているから安心
(豆知識メニュー)買い物などの支払いを後払いに出来る便利なカード
(豆知識メニュー)クレジットカード支払いの時代に突入
(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
(豆知識メニュー)余裕があるなら一括払いを選択
(豆知識メニュー)悪質なカード犯罪には要注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)ポイントで賢くお得♪クレジットカード情報