このメニューではクレジットカードの国際ブランドについてお届けしています。

(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド


(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
21世紀になってから日本でもクレジットカードの利用者が激増しており、もはや当たり前の存在となりました。
特にインターネットで買い物をする人には欠かせないカードであり、持っているだけで生活が豊かになることでしょう。 様々なっ国際ブランドがあり、ダイナースを始めとするアメックスやMasterCard、またVISA、JCBなどがあります。
これらは日本のみならず世界中で利用できるために、国際ブランドと呼ばれるようになりました。

1980年になると日本国内でクレジットカードが普及し、次第に国際化が始まってきました。
そしてそれらクレジットカード全てが国際ブランドと提携して発行されてきているのです。多くのクレジットカード発行会社が提携をしている、クレジットカードの統括組織のことを別名で国際ブランドと呼んでいます。
今では5大ブランドとして、世界的に広まっています。



(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランドブログ:19-1-2019

大人と息子とでは
炭水化物に対する重要度に違いがある。

大人にとっては炭水化物は必要量だけでいいのだが、
息子にとってはその必要量に加えて、
脳や筋肉を作るために余計に取って行かねばならない。

だから
大人が食べる穀物の量と、
息子が食べる穀物の量は、決定的に違うのである。

息子の食べる事においては
穀物の割合を6割にすべきである。

それだけ大量に食べさせるからこそ、
成長のために充分な炭水化物を確保できるのであり、
順調に成長して行くことができる。

息子が摂取する穀物の多さこそ、
息子の脳の発達を促すことになるのだ。

お母さんとしては、
息子の栄養のことを考えて、
あれやこれやとおかずを作ってしまうものだが、
お母さんが大量におかずを作ってしまうと、
息子は穀物をあまり食べなくなってしまう。

裕福な家はどうしてもおかずの量が増えるために、
穀物の消費量が減少してしまい、
それでバカな息子が育ってしまうのである。

息子には日本の伝統的な食べる事で充分。
ごはんに味噌汁、それにメインとなるおかずが1品に
糠漬けで充分なのである。

休日にはおかずをもう少し増やして、
メリハリをつけても良いが、
いつも豪勢な食べる事を出していては、
息子はバカになるだけ…

息子というのは
とにかく動き回っているものだし、
人がいてもいなくても喋りまくっているもの。

それだけ肉体も脳も使っているということであって、
大人よりも穀物を必要する割合は非常に多いのである。

大人は息子みたいに動かないし、喋りもしない。
だから穀物の消費量を抑えてもいいのだが、
息子はそうはいかないのである。

(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

★メニュー

(豆知識メニュー)キャッシングは提携ATMでいつでも簡単
(豆知識メニュー)お得なポイントを貯める為に便利なクレジットカード
(豆知識メニュー)海外旅行行くならアメックスを持っていこう
(豆知識メニュー)最も多く利用されているのがリボ払い
(豆知識メニュー)様々な海外旅行保険が付帯されているから安心
(豆知識メニュー)買い物などの支払いを後払いに出来る便利なカード
(豆知識メニュー)クレジットカード支払いの時代に突入
(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
(豆知識メニュー)余裕があるなら一括払いを選択
(豆知識メニュー)悪質なカード犯罪には要注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)ポイントで賢くお得♪クレジットカード情報