このメニューではクレジットカードの国際ブランドについてお届けしています。

(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド


(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
21世紀になってから日本でもクレジットカードの利用者が激増しており、もはや当たり前の存在となりました。
特にインターネットで買い物をする人には欠かせないカードであり、持っているだけで生活が豊かになることでしょう。 様々なっ国際ブランドがあり、ダイナースを始めとするアメックスやMasterCard、またVISA、JCBなどがあります。
これらは日本のみならず世界中で利用できるために、国際ブランドと呼ばれるようになりました。

1980年になると日本国内でクレジットカードが普及し、次第に国際化が始まってきました。
そしてそれらクレジットカード全てが国際ブランドと提携して発行されてきているのです。多くのクレジットカード発行会社が提携をしている、クレジットカードの統括組織のことを別名で国際ブランドと呼んでいます。
今では5大ブランドとして、世界的に広まっています。



(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランドブログ:16-7-2018

最近、私はゴルフを始めました。

仲間や仕事関係の人に会った時、
挨拶がてらに「ゴルフを始めた」と話しをすると
私を知るほとんどの人が「意外だねぇ」と応えます。

昔、どんなに誘われても断り続けたゴルフ…
それが今では、時間を見つけては
打ちっ放しに行くまでになったのです。
それは、ひょんなことがきっかけでした。

幼稚園に通う男の子と私と父親(ジジ)の
親子三代で出かけた時のこと…

男の子が
「ジジはぼくのおじいちゃんだけど、パパのおじいちゃん?」
と聞いてきました。

どうやら男の子にとって
「ジジ(祖父)と私(父)」の関係が
今ひとつわからないようなのです。

「ジジはパパのパパなんだよ」と答えると、
男の子は不思議そうな顔をして
「ウソだよ。ジジはパパのパパじゃないよ」と言います。

やはり子供にとっては
少し難しいのかなと思っていると…

「パパはいつもボクと手を繋いでくれるのに、
ジジはパパと手を繋いでくれないじゃない?
ジジとパパが親子なら、なんでボクみたいに手を繋がないの?」
と男の子は半泣きになっているのです。

男の子は
両親と子供は手を繋ぐもの…と感じたようです。

男の子の泣き顔と孫の言葉に、
恥ずかしながらも私と父親は手を繋ぎました。

何十年も繋いでなかったその手は、
ゴツゴツした父親の手から
シワシワのおじいさんの手になっていました。

不思議と涙が出て来ました。
元気で頑固な父親も
本当におじいさんになってしまったんだなぁ…

そしてこれから先、
少しでも父親と一緒に過ごしたいと感じたのです。

ビールも飲めない私にとって、
これから父親と楽しく時間を過ごせるもの…
それがゴルフだったのです。

(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

★メニュー

(豆知識メニュー)キャッシングは提携ATMでいつでも簡単
(豆知識メニュー)お得なポイントを貯める為に便利なクレジットカード
(豆知識メニュー)海外旅行行くならアメックスを持っていこう
(豆知識メニュー)最も多く利用されているのがリボ払い
(豆知識メニュー)様々な海外旅行保険が付帯されているから安心
(豆知識メニュー)買い物などの支払いを後払いに出来る便利なカード
(豆知識メニュー)クレジットカード支払いの時代に突入
(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド
(豆知識メニュー)余裕があるなら一括払いを選択
(豆知識メニュー)悪質なカード犯罪には要注意


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)ポイントで賢くお得♪クレジットカード情報