(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランド

21世紀になってから日本でもクレジットカードの利用者が激増しており、もはや当たり前の存在となりました。
特にインターネットで買い物をする人には欠かせないカードであり、持っているだけで生活が豊かになることでしょう。 様々なっ国際ブランドがあり、ダイナースを始めとするアメックスやMasterCard、またVISA、JCBなどがあります。
これらは日本のみならず世界中で利用できるために、国際ブランドと呼ばれるようになりました。

 

1980年になると日本国内でクレジットカードが普及し、次第に国際化が始まってきました。
そしてそれらクレジットカード全てが国際ブランドと提携して発行されてきているのです。多くのクレジットカード発行会社が提携をしている、クレジットカードの統括組織のことを別名で国際ブランドと呼んでいます。
今では5大ブランドとして、世界的に広まっています。

人間ドック、今すぐ
http://www.kobayashi-mriclinic.com/



(豆知識メニュー)どこの国に行っても利用可能な国際ブランドブログ:18-9-2018

昔は、やせていてキレイなからだのラインであっても、
年を重ねるに連れて、太っていくという人は少なくありません。

これといって食事の量を増やしているわけでもないのに太る…
という方もいらっしゃるでしょう。

なぜ、今までと同じ食事量であっても、
年をとると、徐々に太っていくのでしょうか?

加齢と太る現象をつなぐカギは、筋肉にあるようです。

筋肉というのは、
一定の年齢に達すると
徐々に減少していく性質があるんだそうです。

多少の個人差はありますが、
27歳前後をピークとして筋肉の量は減ってしまうらしいですよ!

普段、運動不足気味という人は、
筋肉がどんどん減っていってしまうのです。

一日中ごろごろして、まったく運動をしないと、
筋肉は、約0.5%程度減少してしまうといわれています。
かなりのハイペースといわざるを得ませんよね。

筋肉は、わたしたちが食事で摂取するエネルギーの多くを
消費してくれる役割があります。

ということは、筋肉の量が減ることによって、
消費されるカロリーの量も自然と減ってしまうのです。

ですから、まったく今までと同じ食事量であっても、
徐々に太ってくるというわけなんです。

なので、太ることを防ぐためには、
筋肉の量が減らないように、
常にからだを動かすように心がける必要があります。

将来的にもからだのラインを維持したいというなら、
25歳を過ぎたあたりから、
からだを動かすという習慣をつける必要があるんです。

そうすれば、きつい減量をすることもなく、
からだのラインを維持することができるはずですよ!

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます〜