(豆知識メニュー)キャッシングは提携ATMでいつでも簡単

クレジットカードに入会をする時には、必ず個人信用情報機関の情報を調べることとなります。
つまり過去に返済事故などを起こしてしまうと新規にクレジットカードを契約することが出来ないのでご注意ください。 もしキャッシングをされるのでしたら、金利にする必要があります。
キャッシングの場合はカード会社によって多少の差がありますが、ショッピングの倍の金利が加算されることとなります。

 

キャッシング枠はショッピング枠とは異なっており、貸金業法が適用されることとなります。
ですのでショッピングと同様の感覚で頻繁に利用をしてしまうのは大変危険なこととも言えるのです。多くのクレジットカードを使用することによって買い物だけではなくく、キャッシングもすることが可能となります。
キャッシングとは資金調達をすることの出来る手段であり、つまりは現金を手にすることが出来ることです。



(豆知識メニュー)キャッシングは提携ATMでいつでも簡単ブログ:09-11-2018

こんちわ^^

ダイエットを行う場合、
一日の総摂取カロリーを決める必要があります。

摂取カロリーが多すぎれば
身体に溜まった脂肪は減らないですし、
逆に少なすぎれば代謝が低下し
痩せにくい身体になってしまいます。

ダイエットを成功させるには、
必要な量の摂取カロリーをしっかりと摂取することが
とても重要です。

ちなみに…
ダイエットのために摂取カロリーを減らす場合は、
成人の平均摂取カロリーより20%程度落とすのが
最も効果的に身体に溜まった脂肪を落とせるんだそうです。

女性の場合、
成人女性の平均摂取カロリーが約1800kcalなので、
それより20%落とした1440kcalが
ダイエットに必要な一日の摂取カロリーの目安となるわけです。

ただし、
今ままで2500kcal食べていた人が、
いきなり1440kcalに減らすのは危険です。

このような場合は、
14日間おきに300kcal程度摂取カロリーを減らしていって、
目標の1440kcalにするようにしましょう。

いきなり摂取カロリーを減らしすぎると
確実にリバウンドします。

また、
「理想体重×30キロカロリー=一日の総摂取カロリー」
という目安もあります。

例えば…
50kgが目標であれば「50×30=1500」で、
一日の総摂取カロリーの目安は1500kcalとなるのです。

しかしながら、
例えば、現在60kgで目標が50kgの場合、
いきなり10kgも落とすのは
リバウンドしやすく健康も害する可能性があり危険です。

なので、
このような場合は2〜3kg減らした体重を目安に、
一日の総摂取カロリーを求めるようにしましょう。

おしまい!!!